白髪を抱えている部位は脱毛できるの?可能にする方法はあるのか?

脱毛をサロンやクリニックで行いたいと考えているが、希望の部位に白髪が混じっているようなケースが考えられます。

この場合には脱毛が可能なのか?という疑問をどうしても持つと思われます。

知識がある人ならば、白髪が脱毛において欠点を抱えていることを知っているはずで、だからこそそういう疑問を持つのです。

しかし、結論から言えば白髪でも脱毛をすることは一応可能ではあります。

白髪だとレーザーやフラッシュ脱毛が使えない場合がある

白髪が生えている部位というのは、レーザーやフラッシュ脱毛を使うことができない場合が考えられます。

この理由としてはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛いずれも黒いメラニンの部分に反応することで脱毛を可能にしているからです。

つまり、毛が黒いからこそフラッシュ脱毛、レーザー脱毛が使えるということになり、白髪だとそういった方法が使えないのです。

では、脱毛は不可能ってこと?と考えるかもしれませんが、そうとは限りません。

白髪といっても程度が人によって違いますし、場合によってはフラッシュ、レーザーのいずれも使える可能性は残ります。

また、別の脱毛法を使うことで対処することもできるので、その点も併せて知っておくべきと言えます。

ニードル脱毛ならば白髪でも対応することが可能になる

ニードル脱毛という、ハリを使った脱毛方法があり、これならば白髪が抱えている問題点を気にしないで済みます。

ニードル脱毛というのは、毛穴のハリを指してそこから毛乳頭を破壊していくという方法になります。

電流を通じて破壊していくのですが、基本的には痛みが割と強いと言われている脱毛法になるのです。

しかし、メラニンが関係ないニードル脱毛は黒い部分がなくても行えるので、白髪でも問題ありません。

ニードル脱毛を使えば白髪でも対応可能という意味では、白髪の部位でも脱毛それ自体は可能ということになるのです。

蓄熱式脱毛も白髪におすすめの方法

蓄熱式脱毛という方法も白髪の部位を脱毛したいときにおすすめの方法と言えます。

ニードル脱毛を使えば可能ではありますけど、こちらはどうしても痛みが気になってくる脱毛方法なのです。

痛みが怖いという人は、蓄熱式脱毛を使うという手もあるので、そこは覚えておくべきです。

この蓄熱式脱毛はレーザー脱毛の一種ではありますけど、通常のものより弱い光を何度も当てていく方法です。

したがって、痛みそれ自体はニードル脱毛、通常のレーザー脱毛よりもはるかに弱いと言えます。

そして、この蓄熱式脱毛はバルジ領域という部分に作用していくのですが、これはメラニンとは関係ない部位です。

蓄熱式脱毛はそういった方法のため、白髪のケースでも脱毛をすることができると言えるのです。