白髪を抱えている部位は脱毛できるの?可能にする方法はあるのか?

脱毛をサロンやクリニックで行いたいと考えているが、希望の部位に白髪が混じっているようなケースが考えられます。

この場合には脱毛が可能なのか?という疑問をどうしても持つと思われます。

知識がある人ならば、白髪が脱毛において欠点を抱えていることを知っているはずで、だからこそそういう疑問を持つのです。

しかし、結論から言えば白髪でも脱毛をすることは一応可能ではあります。

白髪だとレーザーやフラッシュ脱毛が使えない場合がある

白髪が生えている部位というのは、レーザーやフラッシュ脱毛を使うことができない場合が考えられます。

この理由としてはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛いずれも黒いメラニンの部分に反応することで脱毛を可能にしているからです。

つまり、毛が黒いからこそフラッシュ脱毛、レーザー脱毛が使えるということになり、白髪だとそういった方法が使えないのです。

では、脱毛は不可能ってこと?と考えるかもしれませんが、そうとは限りません。

白髪といっても程度が人によって違いますし、場合によってはフラッシュ、レーザーのいずれも使える可能性は残ります。

また、別の脱毛法を使うことで対処することもできるので、その点も併せて知っておくべきと言えます。

ニードル脱毛ならば白髪でも対応することが可能になる

ニードル脱毛という、ハリを使った脱毛方法があり、これならば白髪が抱えている問題点を気にしないで済みます。

ニードル脱毛というのは、毛穴のハリを指してそこから毛乳頭を破壊していくという方法になります。

電流を通じて破壊していくのですが、基本的には痛みが割と強いと言われている脱毛法になるのです。

しかし、メラニンが関係ないニードル脱毛は黒い部分がなくても行えるので、白髪でも問題ありません。

ニードル脱毛を使えば白髪でも対応可能という意味では、白髪の部位でも脱毛それ自体は可能ということになるのです。

蓄熱式脱毛も白髪におすすめの方法

蓄熱式脱毛という方法も白髪の部位を脱毛したいときにおすすめの方法と言えます。

ニードル脱毛を使えば可能ではありますけど、こちらはどうしても痛みが気になってくる脱毛方法なのです。

痛みが怖いという人は、蓄熱式脱毛を使うという手もあるので、そこは覚えておくべきです。

この蓄熱式脱毛はレーザー脱毛の一種ではありますけど、通常のものより弱い光を何度も当てていく方法です。

したがって、痛みそれ自体はニードル脱毛、通常のレーザー脱毛よりもはるかに弱いと言えます。

そして、この蓄熱式脱毛はバルジ領域という部分に作用していくのですが、これはメラニンとは関係ない部位です。

蓄熱式脱毛はそういった方法のため、白髪のケースでも脱毛をすることができると言えるのです。

最近話題のssc脱毛って何?脱毛スピードや美肌が期待できる脱毛!

最近美容雑誌やフリーペーパー、ネットやCMなどでよく目にする、あるいは耳にする脱毛がssc脱毛です。

ssc脱毛って何?痛みなどのメリットやデメリットの紹介

このssc脱毛についてその特徴やメリット、注意点となるデメリットについて解説し、どんな脱毛方法なのかお話ししていきます。

ssc脱毛とは?

ssc脱毛とは専用のジェルを肌に塗ってジェルに反応する光を当てます。

正式名称をSmooth Skin Control(スムーススキンコントロール)式脱毛と言い、文字通り肌を意識した脱毛方法です。

そのため、従来の弱点であった脱毛による肌へのダメージを少なくし、肌トラブルを最小限に抑えた方法と言えます。

ジェルとライトの相乗効果で脱毛を行うためスピーディーに、しかもスムーズに脱毛を行える方法です。

施術を行う側にも受ける側にも多くのメリットがあるため、最近脱毛サロンで積極的に採用されています。

ssc脱毛のメリット

ssc脱毛のメリットは、脱毛にかかるスピードが早い、肌へのダメージがほとんどない、そして安くできるという3点です。

脱毛にかかるスピードは従来のサロン用低出力レーザーなどの方法に比べてとても効率的です。

その速さは一秒間に処理できるムダ毛の本数が10倍以上で、トータルでかかる時間も1/4~1/5以下にできます。

肌へのダメージがほとんどないのも特徴です。

従来の脱毛後はヒリヒリしたり、じんわりしたり、あるいは腫れることもありましたが、ssc脱毛は肌へのダメージが少ないメリットがあります。

更にジェルに美容成分を加えることもできるので、美肌効果すら期待できるのです。

最後に安いというメリットですが、クリニックなどの医療脱毛ではなく脱毛サロンで行うため、安くすることができます。

比較するクリニックにもよりますが、それらよりも半額から1/3以下の値段で施術できます。

このように大きく3つのメリットがあります。

そのため従来の脱毛の弱点であった肌へのダメージや脱毛の施術に何時間もかかるという時間的な拘束、そして高額な施術費用と言ったものを克服する画期的な施術方法と言えるのです。

ssc脱毛のデメリット

ssc脱毛のデメリットは比較的少ないのです。

しかし、施術回数がかかるというデメリットがあります。

痛みや肌へのダメージを犠牲にして毛根を破壊する高出力のレーザーに比べるとどうしても施術回数が多くなってしまう傾向なのです。

それに照射直後にすぐ毛が抜けるのではない点もデメリットと言えます。

徐々に細くなっていき脱毛が実感できるという脱毛方式なので、効果をすぐに実感できないのです。

日焼けすると全身脱毛にできない?対策と通えるサロンを紹介

日焼けは全身脱毛の大敵です。サロンによっては、施術ができないケースもあります。日焼けができない理由はなんなのでしょうか?効果的な日焼け対策や、日焼け肌が心配な人におすすめのサロンと一緒にチェックしましょう。

なぜ日焼けすると全身脱毛ができないのか

日焼けをした肌には脱毛ができません。一般的な脱毛マシンは色素に反応して脱毛する仕組みです。肌の色が濃くなると毛のみに照射ができなくなり、効果は薄くなってしまいます。

また、日焼け直後の肌は軽い炎症をおこしている状態です。そのまま照射してしまうと、痛みやシミの原因になります。様々なリスクがあるため、サロンでは日焼け肌への脱毛はできないのです。

施術の範囲が広い全身脱毛では、特に注意が必要。顔や腕など一部分が露出していると、避けて照射するしかありません。

脱毛後の肌は乾燥しているので、ダメージが受けやすくなります。受ける前はもちろん、終わった後の数日は紫外線に注意しましょう。

全身脱毛に通っている最中も注意が必要

全身脱毛に通っている時に日焼けしてしまうと、休止しなければいけません。冬でも1~2ヶ月、真夏なら3ヶ月以上は開ける必要があります。効率よく全身脱毛を終わらせるために、徹底した日焼け対策をしましょう。

  • 日焼け止めをつける
  • 服や帽子で対策する
  • 前後には外に出ないようにする

対策の基本は日焼け止めです。外出する時はもちろん、仕事や家であびる生活紫外線にも注意してください。効果が高い日焼け止めは肌の負担になるので、シーンによって使い分けましょう。

全身脱毛をするなら、露出している部分以外の対策も重要。紫外線が強い季節だと、服の上からでも日焼けします。UVカット効果がある服や帽子を活用してください。サロンに通う季節を選んだり、全身脱毛前後の外出を控えるのも有効です。

日焼け肌でも全身脱毛ができるサロン

使っているマシンによっては、日焼けしていても全身脱毛ができます。バルジ領域に作用するSHR脱毛なら、従来の脱毛方式と違って毛の色素は関係ありません。日焼けにはもちろん、色黒な人でも効果を実感できます。

さらに色素が沈着しやすいVIOやワキまで、全身がツルツルになります。肌への負担が少なく痛みもないので、通っている最中に日焼けしても大丈夫です。

  • TURULILA(ツルリラ)
  • ラココ
  • ストラッシュ

3つのサロンなら、SHR脱毛で全身脱毛ができます。仕事やサークルなどで日焼けしやすい人は、SHR脱毛ができるサロンを選んでください。